4. 21(fri) [Stones Throw & Stüssy present Tuxedo II Album Release Japan Tour in Osaka feat. NOVEL]

Tuxedo

B=BALL

MASAMUNE

S.U

Maurice

TAKUMI

MC MACKY

2017.4.21 (Friday)

music: ALLMIX

Special Guest :
Tuxedo -DJ set- 

DJ :
B=BALL
MASAMUNE
S.U
Maurice
TAKUMI

MC :
MACKY

PARFORMER:
へべれけ
BEASTY
Valkyries

Open:
21:00~5:00

Ticket
ローソンチケットにて
絶賛発売中!!
【Lコード:57622】

チケット : ¥3000 別途1D代を頂きます。

購入は下記URLから⬇⬇⬇
http://bit.ly/2mUaJf1

当日 : ¥3500

※当日パーティーガールキャンペーンは、
適用されません
ご了承ください。

現在のソウルシーンを代表するシンガー『メイヤー・ホーソーン』と 超ヒットメイカー『ジェイク・ワン』による 奇跡のコラボ『Tuxedo (タキシード)』がクラブピカデリーに登場!! サマソニ’15でも話題となったディスコ、ファンク、ソウル、ポップ、ジャンルを超越したお洒落サウンドを今回はDJ SETで披露!!

Funk duo Tuxedo will be back in this weekend!!
Collaboration between Los Angeles-based neo-soul singer/songwriter Mayer Hawthorne and Seattle-based hip-hop producer Jake One.Influenced by classic disco-funk of acts of the ’70s and early ’80s like Chic, Shalamar, and Zapp, the two friends began trading mixtapes as far back as 2006. New album ’’Tuxedo Ⅱ’’ had dropped in this march. In Japan they had show on the stage of JAPANESE BIGGEST FESTIVAL ‘’ SUMMER SONNIC 2015’’ and band show tour in 2016.

Tuxedo (タキシード) は、レトロな空気に包まれたソウル~AOR~ポップ・サウンドを歌い、「ブルー・アイド・ソウル」の精神を受け継ぐ人気白人シンガー/プロデューサーの『Mayer Hawthorne (メイヤー・ホーソーン) 』と、50 CentやDe La Soul (デ・ラ・ソウル) などを手がけたことでも知られるヒップホップ・プロデューサー、『Jake One (ジェイク・ワン) 』のふたりによって結成されたデュオである。
デビュー・アルバム『Tuxedo』を2015年に発売すると、「Chic (シック) 」や「Shalamar (シャラマー) 」などの80年代ファンク~ディスコを中心としながらも、90年代の西海岸ヒップホップのテイストも取り入れた音楽性は大きな話題となり、ここ日本でも“Do It”がJ-WAVEのTOKIO HOT 100で最高2位を獲得、人気俳優がTV番組で言及し、来日公演が毎回大盛況となるなど一大旋風を巻き起こした。
3月24日発売となるニュー・アルバム『Tuxedo II』は全11曲入り。
“Fun With The Fux”、“Special”、“July”とEPの全3曲がいずれも収録されるのに加え、新曲“2nd Time Around”も公開。情報解禁に合わせて米人気TV番組で同曲のライブ・パフォーマンスも披露している。タキシードはこの新作を引っ提げて世界を廻る予定である。

クラブシーンにおける「DJ」というカルチャーが誕生以降、長い年月を経てどれだけ拡散し、今やその定義すら曖昧になろうとも、その本質的な構図だけは決して変わらない。つまり、この文化とは99%以上の現状に甘んじるDJ=Followerたちと、1%未満の明確なヴィジョンを持った、シーンの未来を切り開くDJたち=新たなLeader、二つの人種のみによって構成されている。そして、DJ B=BALLとは紛れもなく後者。DJを通じて大阪から日本、そして世界へと、多くの人の心を揺るがすことのできる希有な存在だ。2000年代初頭より大阪を拠点に、なんら特別に恵まれた人脈も持たない「いちHIPHOP DJ」として始まった彼のキャリアに近道はなく、名もなきOpen Up DJから10数年、DJcityJAPANのサポートによる全国ツアー「GIVE ME WINGS JAPAN TOUR」(2015年)を敢行するまでに至った現在まで、その過程は決して平坦ではなかったが、常に世界のクラブシーンの新たな刺激、潮流に着目し、日本人DJとしてのアイデンティティに拘り、己のセンスのみを拠り所に様々なジャンルを縦断、吸収。時にバトルDJにも匹敵するほどの技術を磨き、プロデューサー「DBB」名義での制作活動もこなすなど、気の遠くなるようなトライ&エラーを繰り返しながら、一歩ずつ着実に進んできた彼の道のりは、変化を恐れなかった表現者だけが手にすることのできる、気高いクリエイティヴィティに充ちている。2013、2014年と、二度の挫折を味わいながらも再起し、三度目にして掴んだ世界最大規模のDJコンペティション日本予選、”Red Bull Thre3Style 2015 Japan Final”での栄冠。病的なまでの音楽への探究心を原動力として、常に昨日よりも進化したDJingを模索し続けるDJ B=BALL。2015年現在、最も新しい日本王者、その称号は、伊達ではない。

(Text / Takeshi Urata)