3.17 (fri) [Novel -DJ S.U & MAYU & KOHEY Birthday Celebration-]

DJ LEAD

BOUNCE CATZ

VENOM (NAOMI & MAYU & AI)

B=BALL

MASAMUNE

S.U

Maurice

TAKUMI

MC MACKY

2017.3.17 (Friday)

music: ALLMIX

Guest :
DJ LEAD / BOUNCE CATZ

Guest Dancer :
VENOM (NAOMI&MAYU&AI)

DJ :
B=BALL
MASAMUNE
S.U
Maurice
TAKUMI

MC :
MACKY

PARFORMER:
へべれけ
BEASTY
Valkyries

Open:
21:00~5:00

Price:
21:00~22:00
MEN 2,500yen 1drink
WOMEN 700yen 1drink

22:00~
MEN 3,000yen 1drink
WOMEN 1,500yen 1drink

トリプルバースデーパーティに豪華なゲストが登場!!
世界を股にかけるHEAVY HITTERSのメンバーDJ LEAD、
刺激的最先端ダンス・ミュージックを発信するハイブリッドDJ TRIO BOUNCE CATZ、
そしてフィーメイルダンサーのリビングレジェンドVENOMがSPECIAL編成で登場!!

1998年からの多岐に渡る国内活動を経て、2009年にNYを拠点とするトップDJ集団=The Heavy Hittersに日本人として初めて正式加入。

2013年には世界で最も権威あるNYCのヒップホップFMステーション=「Hot97」で自身のレギュラー番組「International Hour」をスタート。

外国人としては初となる快挙を成し遂げた。

楽曲制作においてもその実力を発揮。

Jim Jones&ai、Maino&ANARCHYなど、国内外問わずDJ LEAD独自の目線でアーティストをフューチャーし、極上の楽曲を世に送り出している。

また、Warner MusicでのHot97 Official MIXCD、Universal MusicからDefJam 30周年記念MIXCDをリリース。

また、DJ LEADの世界的人気を決定付けた世界最大のHIPHOPフェス「HOT97 SUMMER JAM」 2014、2015と2年連続の出演を始め、

国内最大のアーバン・フェスSPRINGROOVE、さらにはUS/ヨーロッパ/アジアツアーなど、世界を縦横無尽に飛びまわる。

現在では、HOT 97 SUMMER JAM TOKYOの看板DJとして、日本のシーンをダイレクトに繋ぐ「世界を知るDJ=シーンの最重要人物」として、

唯一無二の地位を築き上げている。

http://www.djlead.com/

http://www.facebook.com/djleadhh

 


★アメリカ人以外では史上初の快挙!

日本人であるDJ LEADが世界No1ラジオステーションHOT97と契約!

2013年4月1日から毎週自身の番組”DJ LEAD International Hour”をNY Hot97にてスタート!

《Hot97》DJ LEAD “International Hour” schedule

US (EST) : Every Sunday Night (Monday Morning) 2am – 3am

JPN TIME:Every Monday 3pm – 4pm

*Hot97とは:数え切れない程のビッグ・アーティストたちを世に送り、常にトレンドを発信し続けるヒップホップの代名詞的存在であり

世界最大規模のラジオ局。また、音楽のみならずファッション、ライフスタイルなどにも多大な影響力を持つ世界のHIPHOPカルチャーの

発信源でもある。本場、アメリカでもHOT97で番組を持つ事は大変名誉な事であり、外国人であるDJ LEADが番組を持つ事はHOT97の

歴史上初となり,世界のHIPHOP史にその名を刻んだといっても過言ではない。

 

2013年結成のハイブリッドDJ TRIO

ダンサーとして90年代から活動、

大阪アメリカ村でダンス・スタジオ経営、

自身のアパレル・ブランド「MAPLE COMICS」を展開するなど

ストリート・カルチャーに根差した様々な場面で

マルチな才能を発揮するDJ YEAZZY

※10代から大阪ヒップホップ・シーンで

クラブDJとしてキャリアをスタート、

幾多の主要クラブでレギュラーDJとして活躍した後に渡米、

クラブ・カルチャーの中心地、

NYでの生活~貴重な音楽経験を経て再び関西へと

その拠点を移したDJ GRINDと、

更には関西クラブ・シーンの超新星、2nd ALBUMZAP2」が全国区の反響を呼び、

“EAGLE”など独自のスラングを用いて中毒者を増やし続ける

異能のヒップホップ・クルー、

BYGdaddy (ビィワイジーダディ)のフロント・マン、

IPPeyが2014年よりトラックメイカー,MCとして新加入。

全く別のシーンで育ってきた三者がより幅広く、

前衛的なクラブ・ミュージックを追い求めるという同じ志のもと意気投合。

三者三様の個性が歪なトライアングルを形成し、

凌ぎを削るユニット「BOUNCE CATZ」として

独自のクラブ・プレイ、音源製作、クリエイター活動を通じて、

更に刺激的な最先端の

ダンス・ミュージックをアジアから世界へと発信するべく、目を光らせている。

クラブシーンにおける「DJ」というカルチャーが誕生以降、長い年月を経てどれだけ拡散し、今やその定義すら曖昧になろうとも、その本質的な構図だけは決して変わらない。つまり、この文化とは99%以上の現状に甘んじるDJ=Followerたちと、1%未満の明確なヴィジョンを持った、シーンの未来を切り開くDJたち=新たなLeader、二つの人種のみによって構成されている。そして、DJ B=BALLとは紛れもなく後者。DJを通じて大阪から日本、そして世界へと、多くの人の心を揺るがすことのできる希有な存在だ。2000年代初頭より大阪を拠点に、なんら特別に恵まれた人脈も持たない「いちHIPHOP DJ」として始まった彼のキャリアに近道はなく、名もなきOpen Up DJから10数年、DJcityJAPANのサポートによる全国ツアー「GIVE ME WINGS JAPAN TOUR」(2015年)を敢行するまでに至った現在まで、その過程は決して平坦ではなかったが、常に世界のクラブシーンの新たな刺激、潮流に着目し、日本人DJとしてのアイデンティティに拘り、己のセンスのみを拠り所に様々なジャンルを縦断、吸収。時にバトルDJにも匹敵するほどの技術を磨き、プロデューサー「DBB」名義での制作活動もこなすなど、気の遠くなるようなトライ&エラーを繰り返しながら、一歩ずつ着実に進んできた彼の道のりは、変化を恐れなかった表現者だけが手にすることのできる、気高いクリエイティヴィティに充ちている。2013、2014年と、二度の挫折を味わいながらも再起し、三度目にして掴んだ世界最大規模のDJコンペティション日本予選、”Red Bull Thre3Style 2015 Japan Final”での栄冠。病的なまでの音楽への探究心を原動力として、常に昨日よりも進化したDJingを模索し続けるDJ B=BALL。2015年現在、最も新しい日本王者、その称号は、伊達ではない。

(Text / Takeshi Urata)