12.28 (Wed) [ONE BAND]

B=BALL

DJ HI-C from KIREEK

JAGGLA

へべれけ

2016.12.28 (Wednesday)

music: ALLMIX

DJ :
DJ B=BALL / DBB

GUEST : 
DJ HI-C from KIREEK
JAGGLA
へべれけ
and SECRET!!

Open:
22:00~3:00

Door:
MEN 3,000yen 1drink
WOMEN 1,500yen 1drink

Info :
http://djbball.net

イベント当日の先着200名様にFIVE STAR × DJ B=BALL BEST OF 2016限定MIX CDをプレゼント!

 

ここ数年CLUBシーン、あるいは各種メディアで、時には芸能界をも巻き込み急速に裾野を広げてきた「DJ」という職業。
誰もが「DJ」を名乗れる時代だからこそ、本物の「DJ」にしかできないことがある。そんな命題を証明するべく、国内屈指の設備、サービスを誇るCLUB PICCADILLYにて、たった一人のDJが生粋のNIGHT CLUB DJとしてのプライドを賭けてあらゆる趣向を凝らし、極上の音楽を奏でる新たな試み=「ONE BAND」が開催決定!前座抜きのOPEN to LAST、5時間一本勝負、年の瀬にふさわしい豪華ゲスト・アーティストたち!?を交えてエンターテインメントに満ちた空間を演出するのはこの男しかいない..
大阪を拠点に全国で活躍中、2016年にはアジア・ツアーを成功させるなど今や世界を股にかけるDJ B=BALL(Red Bull Thre3Style 2015 JAPAN Champion)!
DJ、CLUBカルチャーの真髄、進化、そして可能性をたった一夜に凝縮し、最大級の感動を貴方に..

12/28(wed)”ONE BAND”@Club Piccadilly。
http://clubpiccadilly.com
この夜、梅田から新たな伝説が生まれる。

クラブシーンにおける「DJ」というカルチャーが誕生以降、長い年月を経てどれだけ拡散し、今やその定義すら曖昧になろうとも、その本質的な構図だけは決して変わらない。つまり、この文化とは99%以上の現状に甘んじるDJ=Followerたちと、1%未満の明確なヴィジョンを持った、シーンの未来を切り開くDJたち=新たなLeader、二つの人種のみによって構成されている。そして、DJ B=BALLとは紛れもなく後者。DJを通じて大阪から日本、そして世界へと、多くの人の心を揺るがすことのできる希有な存在だ。2000年代初頭より大阪を拠点に、なんら特別に恵まれた人脈も持たない「いちHIPHOP DJ」として始まった彼のキャリアに近道はなく、名もなきOpen Up DJから10数年、DJcityJAPANのサポートによる全国ツアー「GIVE ME WINGS JAPAN TOUR」(2015年)を敢行するまでに至った現在まで、その過程は決して平坦ではなかったが、常に世界のクラブシーンの新たな刺激、潮流に着目し、日本人DJとしてのアイデンティティに拘り、己のセンスのみを拠り所に様々なジャンルを縦断、吸収。時にバトルDJにも匹敵するほどの技術を磨き、プロデューサー「DBB」名義での制作活動もこなすなど、気の遠くなるようなトライ&エラーを繰り返しながら、一歩ずつ着実に進んできた彼の道のりは、変化を恐れなかった表現者だけが手にすることのできる、気高いクリエイティヴィティに充ちている。2013、2014年と、二度の挫折を味わいながらも再起し、三度目にして掴んだ世界最大規模のDJコンペティション日本予選、”Red Bull Thre3Style 2015 Japan Final”での栄冠。病的なまでの音楽への探究心を原動力として、常に昨日よりも進化したDJingを模索し続けるDJ B=BALL。2015年現在、最も新しい日本王者、その称号は、伊達ではない。

(Text / Takeshi Urata)

幼い頃からよく耳にしていたTVゲームの音楽や、TV番組から流れる音楽に影響を受け育ち、一時は暴走族になるという経験を経て、ゲーム(ビートマニア)をたまたまゲームセンターで見かけた事がきっかけにDJに興味を抱きDJ人生スタート。
様々なジャンルの音楽を聞き身につけた独自の音楽性、それらを再構築するビートジャグリング、暴走族時代のアクセルワークで培われた腕から繰り出すスクラッチを持ち味に数々のBattleに参戦。
2002年Teen’s Dj Championshipsで優勝を掴み取るのを皮切りに翌2003年にはVestax Extravaganzaで日本Championとなり、さらに翌2014年に行われたWorld Fainalでは3位に入賞。
同年、盟友YASA(2006,2007 DMC WORLD 2nd)とターンテーブリズムユニット『Kireek』を結成する。
2005年Vestax Extravaganzaにて二度目のJapanタイトルを獲得すると、その勢いで臨んだWorld Fainalではアジア人初の Vestax World championに輝く。
そして迎えた2014年8月東京で開催されたDMC JAPAN FINALにおいて念願だった自身初のDMC Soloでの優勝をつかみ取る。
現在、DJ、Liveショウケース、セッション、音源制作、CM出演など、日本だけにとどまらずアジア、ヨーロッパなど世界にも活躍の場を広げ、
地球を舞台に進化し続けるレペゼン日本のターンテーブリストである。

SHINGO☆西成、ANARCHYの次を担う、関西ストリート・シーンの現在を代表するラッパーといえば?誰もが口を揃える存在。それが『JAGGLA』である。大阪・高槻を中心に活動する大所帯クルー“TORNADO”(トルネード)のボス。2000年代前半より精力的にライブを行い、まさに”現場叩き上げスタイル”で頭角を現す。GAZZILAのサポートMCを務めたことをきっかけに、強烈なキャラクターとヴァイブスでその名を拡げた。吐き出す言葉に胸を刺されるような熱いライブ・パフォーマンスは、全国各地のアーティストやヘッズからの支持も集めることとなる。