10.17 Sat Mirage

MASANORI MORITA

WISE(TERIYAKI BOYZ®)

BENKAY

SHINJI

SILVERFOX

MARVY

2015.10.17 Saturday

MUSIC: EDM / HOUSE / TECH HOUSE

GUEST DJ:
MASANORI MORITA

GUEST MC:
WISE(TERIYAKI BOYZ®)

DJ :
BENKAY
SHINJI
SILVERFOX
MARVY

 

PERFORMER:
PICCADILLY PEFORMERS

Open:
19:00~25:00

Price:
MEN 2,500yen 1drink
WOMEN 2,000yen 1drink
21時までご入場の場合 1,000yenオフ

※全身仮装の女性入場無料


日本を代表するダンスミュージックプロデューサー。

トラックユニット”STUDIO APARTMENT”として、これまでに9枚のオリジナルアルバム、そして300曲以上のオリジナル曲を世界各国のレーベルからリリース。
世界最大のダンスミュージックダウンロードサイト“beatport” にて、自身の楽曲が「2008年 DEEP HOUSE 部門 年間総合チャート1位」、「2009年 BEST DEEP HOUSE TRACK」を受賞し、アジア人として初の快挙を達成。同じくハウスミュージック最大のダウンロードサイト”Traxsource”にて、これまでに4つのオリジナル楽曲が総合チャートで1位を記録。世界規模で活動してる数少ない日本人アーティストである。

世界の主要ダンスミュージックカンファレンスであるアムステルダムでのADE(Amsterdam Dance Event)や、マイアミでのWMC(Winter Music Conference)へ出演(ADEは4年連続/WMCは9年連続)し、2012年はギネスにも登録されている世界一のビッグクラブPrivilege Ibiza (1万人収容) のレジデントDJを務める。

アメリカ西海岸のメガネブランド”OLIVER PEOPLES”とコラボレーションし、[STUDIO APARTMENT×OLIVER PEOPLES]としてファーストモデル「SAOP」を2009年、セカンドモデル「SAOPⅡ」を2011年に発表し、全世界でリリースされる。

日本では、STUDIO APARTMENTの10周年を記念し、結成初となる日本語でのアルバム「にほんのうた」「みんなのうた」を2012年にリリース。ケツメイシ、氣志團、TRF、黒木メイサ、JAY’ED、RIP SLYME、MISIA、平井堅、CRYSTAL KAYなどの豪華メンバーがアルバムに参加。収録曲であるキマグレンの代表曲”LIFE”のSTUDIO APARTMENT Remixは、auの携帯電話”Spotio”のCMソングとなり、リミックスながら200万ダウンロード超えを記録し話題となる。

STUDIO APARTMENTが年に一度、総勢40名のビッグバンド(ストリングス隊/ホーン隊/コーラス隊)を従えてライブを行うパーティ”WORLD MUSeUM”(2008年から2012年度まで開催)は、夏のビッグイベントとなり、2009年にはDVDをリリース。

自身のレーベル“Apt.”, “Apt.International”を2006年に設立し、国内ではDAISHI DANCE、PAX JAPONICA GROOVE等、様々なアーティストをデビューさせる。又、海外アーティストとの窓口となり、世界のトップダンスミュージックプロデューサーであるDennis Ferrer、Kerri Chandler、Jarome Sydenham等の作品をリリースし、ワールドスタンダードなダンスミュージックを日本へ広める。

現在は新プロジェクトに向け楽曲制作中。

I am text block. Click edit button to change this text.

父親を日本人、母親をアメリカ人にもちインターナショナルな環境に育つ。高校時代をアメリカで過ごし、バイリンガルである事を活かした独自のラップスタイルを磨く。1997年、 Bostonで現在の風の人となるコアメンバーと出会い、”ALL IS ONE“をテーマとしたジャンルボーダーレスクルー”風の人”を結成。HipHopやD‘nBのMCとして活躍。2003年、数々のジャムバンドでの活動を経て、RIP SLYMEライブに参加。2004年、<NIGO R – (B)APE SOUNDS>でILMARI、RYO-Z、VERBALとTERIYAKI BOYZ Rを結成。2005年、新鋭トラックメイカーSonPubを迎え、 8月10日(B)APE SOUNDSからWISE ’n’ SONPUB ”DAKID”をリリース。2005年11月16日、TERIYAKI BOYZ Rとして1st Album「BEEF or CHICKEN」をリリース。オリコン初登場4位を記録。そして2007年2月21日、「Shine like a star」にてメジャーデビューを果たし、続いて5月23日には2ndシングル「Thinking of you」をドロップ。3rdシングル「ALIVE」を8月22日にリリースし、アルバム「太陽の子供」を完成させた。2008年にはコラボシングル「Mirror feat. Salyu」を発表し、さらに TERIYAKI BOYZ Rとしての新作「SERIOUS JAPANESE」を発表、オリコン第3位。続けざまに西野カナのシングルに参加した「遠くても feat. WISE」そして自身のシングル「ふりむかないで feat. Hiromi」を連続で配信TOP5入りのヒットをさせ、2009年5月セカンドアルバム「LOVE QUEST」を発表。そのスキルの評価は非常に高く、これまでに福山雅治、m-flo、Def Tech、久保田利伸、青山テルマ、May J.ら数々のアーティストの客演作を発表してきた。2011年3月16日に、これまで4作のお互いの作品でコラボしてきた西野カナとの最新作「By your side feat. 西野カナ」を発表する

BENKAYはプログレッシブハウスの音楽プロデューサーとして、また、エレクトロハウスまでを網羅するEDM (エレクトロニック ダンス ミュージック) のDJである。過去にはヒップホップのDJとして一世を風靡し、大阪では伝説のクラブとして知られる”Under Lounge”で8年間のレジデントを務め、数々のオフィシャルミックスCDをメジャーレコード会社からリリース。更には自身が発案、企画、そしてパーソナリティーとして”Night Cruising”(テレビ東京系)を地上波でスタートさせ、西日本を中心にクラブ音楽の普及に務めた。2006年、LAのDJとして知られるDJ AMやDJ Viceに影響を受け、ヒップホップのDJがハウスや80’sなどの他ジャンルを織り交ぜるという”オープンフォーマットスタイル”に変更。全国的に一般的な表現となった”ALL MIX”という言葉は、2006年に大阪の”Onzieme”でBENKAYがスタートさせたパーティー”Hollywood”が起源となっており、その分野の第一人者しても知られている。2008年末、カリフォルニアはロサンゼルスに移住。ハリウッド のナイトクラブを中心にカリフォルニア全域、また時にはニューヨーク、マイアミ、ラスベガスなどでも彼のDJは披露される事となる。世界的に有名なナイトクラブでの出演経験としてはハリウッドの”supperclub”、 LAダウンタウンの”Exchange LA”、ニューヨークの”Marquee Nightclub”、ラスベガスの”Christian Audigier The Nightclub”などが挙げられる。特にExchange LAでは土曜日のヘッドライナーDJとして2年間、毎週1000人以上のクラウドを動員したパーティーを担当した。そして、2011年には自身初となるアジアツアーを開催し、台湾、韓国、中国、シンガポール、そして母国である日本と5カ国でのプレイを実現させた。2012年3月には自身の悲願でもあったPOWER 106 LA の人気プログラム”JUMP OFF MIX”への出演を実現。ロサンゼルスで最も知名度の高いラジオ局として知られ、更にはヒップホップDJとして西海岸では最も敷居の高いとされる番組で彼のミックスがオンエアされる事となり、ヒップホップDJとしての集大成を飾る事となった。2006年頃よりスタイルを変貌させていったBENKAYであるが、時が経つにつれハウスミュージックに対する思いが強くなる。また、それと平行して、ラスベガス、ハリウッドを中心に新たなナイトクラブミュージックと言われるまでになった”EDM (エレクトロニック ダンス ミュージック)”カルチャーを現地で目の当たりにし、音楽プロデューサーとしての活動をスタートさせ、近年では積極的に楽曲制作を行っている。また、長い経験から掴んだノウハウを生かし、イベントプロデューサーとしての顔も持ち、現在、BENKAYが担当するイベントは全て彼自身で企画制作を行っている。DJだけでなく、総合プロデューサーとして活動する姿は新時代のDJのモデルを提案しているのかもしれない。