9.26 Sat Mirage

sugiuramn

BENKAY

KEN-GEE

naoto

SHINJI

SILVERFOX

MARVY

2015.9.26 Saturday

MUSIC: EDM / HOUSE / TECH HOUSE

GUEST DJ:
sugiuramn

DJ :
BENKAY
KEN-GEE

NAOTO
SHINJI
SILVERFOX
MARVY

 

PERFORMER:
PICCADILLY PEFORMERS

Open:
19:00~25:00

Price:
MEN 2,500yen 1drink
WOMEN 2,000yen 1drink
21時までご入場の場合 1,000yenオフ

SUGIURUMN
BASS WORKS RECORDINGS主宰。
これまで7枚のオリジナルアルバムを発表し、シングルも世界各国のレーベルよりリリース。
3シーズン連続で務めたPACHA IBIZAのミックスCDも好セールスを記録した。
DJとしても24時間セットを幾度となく敢行。近年もIbizaやMancesterなど、頑丈な体と精神を存分に生かして、ワールドワイルドに精力的に活動している。
2013年より、自身のレーベル、BASS WORKS RECORDINGSをスタートさせ、シリアスなダンスミュージックを毎週、世界に発信している。

SUGIURUMN Has Released 7 Albums As Well As A Lot Of Singles And Remixes As A Producer Ao Far.
He Welcomed Well-Known Singers In His Album Including Aran McGee(Creation Records), Mark Gardener(Ride), Bez(Happy Mondays), Rowetta(Happy Mondays), Tim Burgess(The Charlatans), Kram(Spiderbait),and Sideshow Bob(Galliano).
Also His Tracks Are Remixed By World Top DJs / Producers Including D-nox and Beckers, Axwell, Steve Angello, Santos, Kaskade, Infusion, Richard Gray, Plastik Funk, Terry Farley, Peace Division, and Ken Ishii.
He Won Attention As A Producer In Europe And Which Made Him To Expand His Playground Worldwide.
As A DJ, Having Played At European Top Venues Including Pacha(Ibiza) And Sankeys(Manchester) ,Regular Gigs At Asylum Afterhours(Honolulu) And in Asian Countries, He Shared A Lot Of Time With A Number Of Real Party People Around The World.

It Was in 2013 That He Launched His Own Label, BASS WORKS RECORDINGS, Where He Sends Out Serious And Real Dance Music To Underground Party Freaks, Crossing Over Music Categories From Techno Thorough House. The Label Has Released Over 100 Tracks, Involving Most Of Japanese producers.
The Latest Album『, 20xx』(2014) Consists Of Genre-Straddling Deep Floor-Oriented Tracks, Which Is Gradually Nipping At Party People’s Heels.
All The Experiences He Had Including Sharing Floors With Originators Or Even Past DJ Experiences Itself Lead Him To Climb Next Step And Make People Go Crazy On The Floor As An Innovator.

BENKAY
BENKAYはプログレッシブハウスの音楽プロデューサーとして、また、エレクトロハウスまでを網羅するEDM (エレクトロニック ダンス ミュージック) のDJである。過去にはヒップホップのDJとして一世を風靡し、大阪では伝説のクラブとして知られる”Under Lounge”で8年間のレジデントを務め、数々のオフィシャルミックスCDをメジャーレコード会社からリリース。更には自身が発案、企画、そしてパーソナリティーとして”Night Cruising”(テレビ東京系)を地上波でスタートさせ、西日本を中心にクラブ音楽の普及に務めた。2006年、LAのDJとして知られるDJ AMやDJ Viceに影響を受け、ヒップホップのDJがハウスや80’sなどの他ジャンルを織り交ぜるという”オープンフォーマットスタイル”に変更。全国的に一般的な表現となった”ALL MIX”という言葉は、2006年に大阪の”Onzieme”でBENKAYがスタートさせたパーティー”Hollywood”が起源となっており、その分野の第一人者しても知られている。2008年末、カリフォルニアはロサンゼルスに移住。ハリウッド のナイトクラブを中心にカリフォルニア全域、また時にはニューヨーク、マイアミ、ラスベガスなどでも彼のDJは披露される事となる。世界的に有名なナイトクラブでの出演経験としてはハリウッドの”supperclub”、 LAダウンタウンの”Exchange LA”、ニューヨークの”Marquee Nightclub”、ラスベガスの”Christian Audigier The Nightclub”などが挙げられる。特にExchange LAでは土曜日のヘッドライナーDJとして2年間、毎週1000人以上のクラウドを動員したパーティーを担当した。そして、2011年には自身初となるアジアツアーを開催し、台湾、韓国、中国、シンガポール、そして母国である日本と5カ国でのプレイを実現させた。2012年3月には自身の悲願でもあったPOWER 106 LA の人気プログラム”JUMP OFF MIX”への出演を実現。ロサンゼルスで最も知名度の高いラジオ局として知られ、更にはヒップホップDJとして西海岸では最も敷居の高いとされる番組で彼のミックスがオンエアされる事となり、ヒップホップDJとしての集大成を飾る事となった。2006年頃よりスタイルを変貌させていったBENKAYであるが、時が経つにつれハウスミュージックに対する思いが強くなる。また、それと平行して、ラスベガス、ハリウッドを中心に新たなナイトクラブミュージックと言われるまでになった”EDM (エレクトロニック ダンス ミュージック)”カルチャーを現地で目の当たりにし、音楽プロデューサーとしての活動をスタートさせ、近年では積極的に楽曲制作を行っている。また、長い経験から掴んだノウハウを生かし、イベントプロデューサーとしての顔も持ち、現在、BENKAYが担当するイベントは全て彼自身で企画制作を行っている。DJだけでなく、総合プロデューサーとして活動する姿は新時代のDJのモデルを提案しているのかもしれない。