GUCCI家4代目が生み出したブランドワインという新たなファッション。

GIOIA

GUCCI家4代目が生み出した
ブランドワインという新たなファッション。

White Series
Serie Pura

ボトル ¥6,000 -> 本日限定 ¥5,000
グラス ¥700 or 1DrinkTicket
BIANCO DI GIOIA
Garganega, Pinot Bianco(85%), Others(15%)
750ml / Alcohol 12% vol

ヴェネト州やフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の傾斜地帯で栽培されたブドウ品種を使用。その中でも、主にガルガネーガ、ピノビアンコをメインに、シャルドネとソービニヨン(甘さと酸味をだすために)を使用。
12度〜14度に管理された温度の中で、それぞれの品種が持つ香りを大切に残す為に、品種の成熟度ごとに分けて醸造。
心地良いやわらかさのある味にこだわり、澱と接触させながら5カ月間アルコール発酵を行った後でブレンドしている。

テイスト:エキゾチックなフルーツ。フレッシュ感があり甘さと酸味のバランスのとれた味。
香り:菩提樹や白い花の香り。
色:緑がかった藁黄色。
ROSSO DI GIOIA
Sangiovase, Cabernet Merlot(85%), Others(15%)
750ml / Alcohol 13% vol

ローマ時代から長くワイン専用のブドウ栽培をしてきた土壌(地域)として知られているイタリア中部の丘陵地域で栽培されたサンジョベーセ、カベルネメルロー、モンテプルチアーノと、ほんの少しシラーを使用。醸造は、各品種の成熟度ごとに分けて、まずはステンレスのタンクの中で12ヶ月間熟成させる。その後さらに品種に応じた樽やタンクの中に移し9ヶ月〜12ヶ月間熟成させた後、ようやくブレンドする。またボトリングする前に1ヶ月間大きなタンクで寝かせ、ボトリング後でも2〜3カ月間寝かせるこだわりで完璧な変化を実現させる。毎年の天候にもより異なるが、収穫はだいたい9月第2週から10月の初旬まで。
マセラシオンの後、発酵はマロラティック製法。

テイスト:永続的な柔らかさ。
香り:包み込むような赤い果実やスグリの香り、胡椒のスパイシーな香り。
色:スミレ色がかった赤色。